お知らせ一覧

お知らせ一覧

皆既月食は見ましたか?医学部受験合格には心の余裕を持つ気構えも大切ですね。

2018.02.01

おはようございます。

今晩から雪の予報ですね。

大丈夫かな?

 

さて、昨夜は皆既月食でした。

皆様ご覧になられましたか?

 

私は空手の指導をした帰り道に

赤い月を見つけ、

帰宅後もベランダに出て月を眺めておりました。

 

私は常々、塾生に語るのですが、

四季の移り変わりに敏感になり、

ちょっとした街中の花が咲いたことに

気づいたり、

月の満ち欠けに気づいたり、

虫の音に気づくことは

とても大切だと考えています。

 

自然と一体になることは

意識をリセットすることになり

そういう時間を毎日の生活の中に

意識的に持つことは

 

単にストレス解消だけでなく

能力を高めるのではないか?

と私は考えています。

 

古来より

時の勢力者達は

成功を収めると必ず、

文化芸術に関心を示しました。

私の親しい成功者達は

必ずと言って良い程、

文化芸術に造詣が深いです。

 

また、世界の一流大学では

専門科目ではない

一般教養科目を、必ず重視しています。

 

こういう事実からも

文化芸術や自然の美しさに触れることは

人間の能力を高めるのに

何かしら関与しているような気がします。

 

この時期、

これまで優秀な成績をおさめてきたのに

入試が始まって

いくつかの不合格をもらい

急に別人のようになってしまう

そんな受験生が沢山います。

 

これまでしっかりと勉強してきた人ならば

今日明日に

細かな知識を1つ増やすよりは

心を落ち着かせ

パニックに陥っている自分をリセットし、

 

自分の積み重ねてきた努力の成果を

いかんなく発揮することの方が

有効ではないかとすら感じます。

 

もちろん、

勉強が足りていない方は

四の五の言わず

基礎学力を高める努力を

しなければなりませんし、

 

学力状況によっては

赤本やるだけのフワフワした勉強と訣別し

次に向けた再スタートを

2月中旬には始めるべきだと思います。

 

医学部受験は

今本当に難しくなっています。

保護者様の時代とは全く別物だと考えて

対応しなければ国立医学部だけでなく、

私大医学部の合格も難しいです。

 

昔は

誰でも受かる、

と揶揄された私大が

とんでもなく難化しています。

生半可な対策では

相当な進学校に通っていない生徒が

私大医学部に合格することは

困難な時代になっています。

 

だからこそ、

心の部分から鍛え直さないといけない。

そんな問題意識は年々高まっています。

 

私達の指導も

次年度はさらに厳しいものに

変えていこうと思います。

 

なんだか話が変わってきましたね。

今度の日曜日から

説明会が始まるので

私もいよいよ意識をシフトし始めました。

 

難化する医学部入試に勝てる生徒を育てるため

私達は進化し続けます!

2月4日午後1時よりスタートです!

今年はどんな方とお目にかかるのか?

楽しみになってきました。

一緒に歩みましょう!

 

 

ま、そんな感じで。

See  you!

無料資料請求はこちらご連絡から3日以内に発送致します。まずはスタートを切りましょう!私たちといっしょに最後(合格)まで歩き続けましょう!